肌にいいサプリメントとは

肌にいいサプリメントとは

サプリメントとは


サプリメントとは、体に必要な栄養成分や、ある特定の働きをする成分を補う食品のことです。薬ではないので、錠剤やカプセルなど薬のようなものだけでなく、ゼリーやクッキーとぴったお菓子のような形状のものまでいろいろあります。


種類は、日本(厚生労働省)では含有成分によって「保健機能食品」と「一般食品」に分類しています。「保健機能食品」とは健康を保つ、あるいは促進する食品で、科学的証拠に基づいて厚生労働省が定めた条件を満たすもの。製品にはマークがつけられ、保健機能食品と明記されています。(※下記の3種類があります)。


一方、「一般食品」というのは、いわゆる健康食品のこと。製造業者や国民が健康に役立つと考えているもので、CoQ10、アスタキサンチン、ロイヤルゼリー、クロレラなどいろいろな種類があります。


※1 保健機能食品の種類 ■特定保健用食品:たとえばコレステロール値を正常に保つのを助けるなど、体の健康維持に有効な成分が含まれている食品。■条件付き特定保健用食品:一定の有効性が確認されている食品。■栄養機能食品:日常の食事で不足する栄養素を補う食品。12種のビタミン、5種のミネラル。

サプリメントの効果


美肌をよみがえらせるためには、紫外線による加齢や老化を軽減、あるいは完全にその症状を取り除かなければなりませんが、そのためには皮膚細胞の活性化が必要です。でも今現在、皮膚細胞を活性化させるためにつくられたサプリメントはありません。ただその活性化を促す働きが期待できるものはいくつかあります。


また、シミやしわを軽減する働きがあるものもたくさんあります。例えばCoQ10、ハイチオール、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイド、セラミドなどです。さらに、コラーゲンペプチドやグルコサミンなどの成分は、真皮のコラーゲンを増加させ、しわの予防になるといわれます。


しかし、これらを食べたり飲んだりして体内に摂取することで、皮膚の老化にはっきりとした効果があることを証明する科学的根拠が乏しいというのも事実です。そこで、サプリメントだけに頼らず、毎日の食事で肌に良いものをきちんと摂ることが大切です。


関連記事

  1. 肌にいい食事と飲み物とは
  2. 肌にいい効果的な、摂りたい栄養素
  3. 肌にいいサプリメントとは