基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア

しわ・ほうれい線の美容液 > 美肌の基本スキンケア > 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア

基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア

◆肌荒れの時には保湿クリームとファンデーションだけを


荒れている肌に、しみるようなものをつけては肌をさらに傷めるだけです。水っぽくて浸透しやすい化粧水は、特にしみたりします。


そんな時は、水分のこれ以上の蒸発を抑えるために油分であるクリームをつけます。それでもしみるときは、アトピー性皮膚炎の治療にも使われるワセリンをぬります。


そしてしわ、しみなどを予防する紫外線対策には、肌を傷めることもあるので日焼け止めクリームは使わずに保湿クリームをぬり、パウダーファンデーションをつけます(パウダーファンデーションには紫外線を散乱させる成分が入っているのでSPF表示のないものでも大丈夫です)。


1~2週間したら、肌の様子を見ながら徐々に普通のスキンケアに戻して行きましょう。


◆毛穴が黒く目立ってきたら、ピーリングを


毛穴が目立ってくるのは、角化して厚くなった角質が毛穴にあるからです。ピーリング化粧品で角質コントロールをしましょう。


肌への刺激の心配がいちばん少ないのは、ピーリング剤の入った石鹸を使う方法です。石鹸を泡立てて、あらかじめ水で濡らしたお手入れをしたい場所に泡をのせ、軽く手でなでます。そして、ぬるま湯でしっかり洗い落とします。


肌の強い人は毎日でもいいですが、肌の弱い人は1週間に1~2回程度にします。これを続けると、毛穴のまわりの皮膚がやわらかくなって次第に毛穴が目立たなくなります。


関連記事

  1. 美肌に大事なホルモンバランス
  2. 知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ
  3. 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア
  4. 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア
  5. 基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア
  6. 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方
  7. 基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分
  8. 基本スキンケア1.正しい洗顔方法