基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア

しわ・ほうれい線の美容液 > 美肌の基本スキンケア > 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア

基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア

毎日のスキンケアをするときに自分の肌状態をしっかり観察し、それにあわせてスキンケアも少しずつ変えましょう。これが、しわ、しみなど肌の老化を遅らせる重要なコツです。肌は、特に季節やホルモンの影響を受けやすいので、注意します。


◆生理の前のスキンケア


女性の体は生理があるために、その周期にあわせてホルモン分泌が変化します。生理の前には、黄体ホルモンが分泌されます。このホルモンの影響によって、皮膚の色素沈着が促されるのでシミが大変できやすくなります。また紫外線の影響も受けやすくなります。生理前のこの時期は、同時に男性ホルモンの作用も活発になり、そのため皮脂の分泌が増えてニキビもできやすくなります。


つまり、肌トラブルがおきやすい時期なのです。黄体ホルモンの影響は、不規則な生活を送っていたり、ストレスが強かったりするとより強く現れるので、まず生活を規則正しくして、肌には基本的なスキンケアをきちんと行いましょう。また紫外線対策も特に念入りにします。


◆生理の後のスキンケア


生理の後は卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されます。このホルモンがは美肌作用のあるホルモンで、肌はみずみずしさを保つようになり、コラーゲンが増えたりします。黄体ホルモンは30代後半頃から減ってきて、閉経すると急激に減少します。この分泌を少しでも順調にするには、規則正しく健康な生活をすることです。


卵胞ホルモンが分泌されている時期の肌は、最もいい状態のはずです。しっかり保湿をして、その状態を保つようにしましょう。ただ目元や口元など部分的な乾燥があるかもしれないので注意してください。


関連記事

  1. 美肌に大事なホルモンバランス
  2. 知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ
  3. 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア
  4. 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア
  5. 基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア
  6. 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方
  7. 基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分
  8. 基本スキンケア1.正しい洗顔方法