基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方

しわ・ほうれい線の美容液 > 美肌の基本スキンケア > 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方

基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方

◎必要な場所だけにつければいい乳液とクリーム


takingcare.jpg乳液、クリームは、水分と油分を含んだ化粧品。化粧水や美容液の後に使って、水分、油分を閉じ込める役割を果たします。


でも油分が足りているところに塗ると、毛穴をつまらせてしまい、肌がくすんだり、肌の中に熱がこもって皮脂の分泌が盛んになってしまったりします。またつけすぎた油分が酸化してしわ、しみ、にきびなど肌のトラブルの原因になります。


だから、化粧水と美容液をぬってもまだ必要だと感じる場所だけにつければいいのです。30代前半ぐらいまでは、肌の表面を覆う皮脂膜が比較的きちんと作られ、皮脂の分泌も盛んですから、しわやシミ、その他の肌トラブルがない限り、あまり乳液やクリームのお世話になる必要はありません。


◎美容液が、いわゆる乳液の役割も果たしてくれる


「化粧水+乳液」を定番セットのように思っている人も多いかと思います。しかし、油分で肌の水分を閉じ込めるといっても、油分が蓋をするわけではなく、セラミドなどの成分が結合して蒸発しないようにしているということが最近わかってきました。


そこで乳液のかわりにセラミドなどの成分が配合された美容液を使うのが主流になってきているのです。美容液ではなく乳液を使いたいという場合は、セラミドなどの保湿成分が入っているものを使うといいでしょう。


◎油分を与えるクリーム


クリームは、油分を補給するためのものです。目もとや口もとは年齢にかかわらず皮脂腺が少ない場所なので、この部分の乾燥が気になったらクリームを使うのもいいでしょう。
他の部分は、美容液や乳液で油分も補給されているので、あまり必要がないかもしれません。塗るときは、薬指でやさしく、しっかり必要な場所だけになじませていきます。


関連記事

  1. 美肌に大事なホルモンバランス
  2. 知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ
  3. 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア
  4. 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア
  5. 基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア
  6. 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方
  7. 基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分
  8. 基本スキンケア1.正しい洗顔方法