基本スキンケア1.正しい洗顔方法

しわ・ほうれい線の美容液 > 美肌の基本スキンケア > 基本スキンケア1.正しい洗顔方法

基本スキンケア1.正しい洗顔方法

お手入れしだいで、美しい肌を守り、肌の老化を遅らせることができます。それは何も特別なスキンケアではありません。大事なのは、毎日きちんと肌の汚れを落とし、肌を保湿し、肌を保護すること。肌年齢と今の肌の状態にあったスキンケアをすることです。


肌の洗浄が不十分だとその後につける化粧品が効果を発揮できず、しわ、しみなど肌のトラブル対策の化粧品効果も半減します。また汚れで皮膚の機能が低下して、新陳代謝がうまくいかなくなることもあります。さらに、正しい洗顔でないとかえって肌をいためてしまうことがあります。洗顔はスキンケアの基本。正しいやり方を覚えましょう。

(1)乳液タイプのクレンジングなら、オールマイティ


メイクをしていたら、洗顔の前にクレンジングで落とします。肌に特別トラブルがないときには、どんなクレンジングでもいいでしょう。でももしトラブルがあったら、オイル・クレンジングは避けます。メイクの原料は油で作られているので、油汚れは油で浮かせてとる、というのがオイル・クレンジングですが、どうしても肌がベタベタしてしまうので、そのクレンジングを落とすために肌をこすってしまいがちです。またその油分が肌に残ってしまうと、オイリー肌となり、トラブルを起こします。使うなら、洗顔でメイクの汚れも油分も落ちやすい乳液のクレンジングがいいでしょう。

(2)洗い上がりサッパリの洗顔料を選ぶ


洗顔料ですが、あらった後の肌がさっぱりとするものを選びます。肌の汚れを落とす段階では、まだ肌をしっとりさせる保湿効果は必要ないのです。この「しっとり感」は油分による可能性がありますから、この後に使うスキンケア化粧品がきちんと浸透しないことがあります。また油分はあるけれど水分の足りない肌になっている可能性もあります。少しつっぱり感があっても、その方が肌に余分なものを残していないということなのでいいでしょう。


弱酸性のものが肌にやさしいイメージがして人気があるのですが、これは皮膚の炎症などで肌が弱っている人のためのものです。どうしても洗浄力が弱いので、油分が残りやすい傾向があります。

(3)洗顔料をしっかり泡立て、脂っぽい部分から洗う


洗い方も大事です。ゴシゴシこすっても摩擦で肌が傷むだけ。手のひらに石鹸あるいは洗顔料をしっかり泡立てて、その泡で汚れを包みこむつもりでそっとなでましょう。洗顔料に含まれる界面活性剤が汚れとなじんで、汚れを抱き込むようにして肌から落としてくれます。だから肌を強くこすっても意味がないのです。泡は、少し弾力のあるきめ細かい泡が理想。洗顔料が泡になって出てくるポンプタイプのものを使ってもいいでしょう。そして洗顔は、脂っぽい部分をまず丁寧に洗い、乾燥しているようなところは少し手短かにあらいます。肌の状態を見て、変えましょう。

(4)水かぬるま湯でやさしくすすぐ


すすぎは、水かぬるま湯でします。熱いお湯は、肌の成分であるたんぱく質や脂肪を落としてしまうので使わないようにします。やはり手のひらで、やさしくなでるようにして洗顔料を落としていきます。肌のぬるぬる感がなくなるまで、しっかりすすぎましょう。バスタイムに洗顔もするときは、メイクを落としてバスタブにつかり肌の毛穴が十分に開くようにします。そしてシャンプーをしてから、洗顔料で洗顔します。特に敏感肌の人は、シャンプー成分が髪のはえぎわや耳の周りに残っていると、これが原因でスキントラブルを起こす場合があるので、洗顔を最後にして顔周りについたシャンプー成分もきちんと落とすように気をつけます。

(5)タオルは顔にのせるだけで、肌をこすらない


洗顔後の肌は、肌表面の皮脂や天然保湿因子が洗い流されてしまった状態で、とても弱い肌になっています。それをタオルでこするのは、肌を傷つけているようなもの。タオルで水分を拭くときは、肌にのせるだけで十分です。タオルは、清潔で水をよく吸い取る綿100%のやわらかいものを用意しましょう。


肌は決してこすらない。これが、洗顔プロセスでの鉄則です。

(6)ダブル洗顔について


クレンジングでメイクを落としてから、洗顔料で洗う。これがダブル洗顔で、スキンケアの基本となります。ただ、クレンジングでメイクを落とした後、ぬるま湯ですすぐだけで十分だという人もいます。


ダブル洗顔だと肌の成分まで落としてしまい、洗いすぎだというわけです。この場合は低刺激のクレンジングで丁寧にメイクを落とすことになります。これは、どちらを選んでも構わないでしょう。少しの間続けてみて、肌の調子のいいほうを選んでください。


関連記事

  1. 美肌に大事なホルモンバランス
  2. 知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ
  3. 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア
  4. 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア
  5. 基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア
  6. 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方
  7. 基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分
  8. 基本スキンケア1.正しい洗顔方法