美肌に大事なホルモンバランス

しわ・ほうれい線の美容液 > 美肌の基本スキンケア > 美肌に大事なホルモンバランス

美肌に大事なホルモンバランス

女性の体は、生理や妊娠・出産があるため、とても複雑な仕組みになっています。そして、これらのことが起こるたびにホルモンの分泌が変化し、肌に大きな影響を与えます。肌の老化予防には、ホルモン・バランスの変化をしっかり把握してスキンケアを行うことが大切なのです。

肌に影響する女性ホルモンと生理


hormone.jpg何だか肌にトラブルが多い、シミが濃くなったみたい。そう思っていたら、生理が始まったとたんに肌の調子が良くなったということはありませんか。


生理の周期に合わせて、女性の体にはいろいろなホルモンが分泌されます。その中で、肌に影響の大きいホルモンは2種類。黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)です。


◎黄体ホルモン(プロゲステロン)


黄体ホルモンは、生理の前に分泌されます。このホルモンの影響によって、皮膚の色素沈着が促されるのでシミが大変できやすくなります。また紫外線の影響も受けやすくなります。生理前のこの時期は、同時に男性ホルモンの作用も活発になり、そのため皮脂の分泌が増えてニキビもできやすくなります。


つまり、この時期は肌トラブルがおきやすい時期なのです。黄体ホルモンの影響は、不規則な生活を送っていたり、ストレスが強かったりするとより強く現れます。だから、まず生活を規則正しくして、肌は基本的なスキンケアをきちんと行いましょう。また紫外線対策も特に念入りにします。

zu-hormone.jpg


◎卵胞ホルモン(エストロゲン)


卵胞ホルモン(エストロゲン)は、生理が終わると分泌されるホルモンです。このホルモンが分泌されている間は、肌はみずみずしさを保つようになり、コラーゲンが増えたりします。美肌作用のあるホルモンなのです。黄体ホルモンは30代後半頃から減ってきて、閉経すると急激に減少します。この分泌を少しでも順調にするには、規則正しく健康な生活をすることです。


卵胞ホルモンが分泌されている時期の肌は、最もいい状態のはずです。しっかり保湿をして、その状態を保つようにしましょう。ただ目元や口元など部分的な乾燥があるかもしれないので注意してください。


無理なダイエットで生理が止まると、卵胞ホルモンも止まり、肌の老化が促進されます。生理にはいつも気を配りましょう。また生理が不順になったり、出血の量が著しく変化した場合は、病気のサインであることが多いので必ず婦人科で診てもらうようにします。


また、これらの女性ホルモンに似た作用があるとして、近年、大豆イソフラボンが人気です。美肌に、そして女性ホルモン不足も一因の更年期障害、骨粗しょう症、動脈硬化などにも有効だと言われます。大豆イソフラボンの一日の必要摂取量は40~50mgで、お豆腐なら1/2丁、納豆は1パック(60g)きな粉なら20gです。

妊娠中や更年期のホルモン・バランス


妊娠中は、黄体ホルモンの分泌が増えます。そのため、生理前と同じでシミができやすくなります。妊娠中に特に、肝斑(かんぱん)といわれるシミが濃くなるのはよくあることです。


また妊娠中は、つわりであまり食事ができなかったり、精神的に安定だったりで、肌にも影響がでやすい時期です。できる限り規則正しい生活をして対応しましょう。


またピルを服用すると、体は黄体期と同じ状態になるため、黄体ホルモンの分泌が増加します。やはりシミやニキビなど、肌のトラブルが多くなるので、スキンケアや紫外線対策などをしっかりやりましょう。


更年期になると、女性ホルモンの分泌量がどんどん減っていきます。皮膚にうるおいを与え、細かいきめをつくっていた卵胞ホルモン(エストロゲン)の量も減り、その結果、コラーゲン線維やエラスチン線維も衰えます。そして、しわや、たるみがだんだんと増えてくるのです。


関連記事

  1. 美肌に大事なホルモンバランス
  2. 知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ
  3. 基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア
  4. 基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア
  5. 基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア
  6. 基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方
  7. 基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分
  8. 基本スキンケア1.正しい洗顔方法