しわ対策に効く美容液や美容法など ~おでこ・眉間・ほうれい線・目じり・口元・首のケア

しわに効く美容液、ほうれい線に効く化粧品とは


シワやほうれい線に効くと言われる美容液や化粧品は、いろいろあります。

skincare2.jpg早ければ20代後半ぐらいから、目元や目尻、目の下、首、 おでこ、眉間、口元などにしわができる人もいますが、しわは、丁寧な毎日のスキンケアと、必要なときに美容液その他でシワ対策を効果的に行っていれば、進行をかなり遅らせることができます。ほうれい線は厳密には皮膚の"たるみ"ですが、原因はしわと同じで肌の真皮のハリや弾力がなくなったため。

最新科学でシワやたるみに効果があるという成分も多く発見されています。自分の肌に合う、しわに効く、たるみに良いと言われる美容液や化粧品を選び、お手入れを続けましょう!目元や目尻・首・ 眉間・口元のしわ、ほうれい線など、目的別の美容液・化粧品セットもありますよ。

◆すぐに効く美容液がほしいときに、おすすめの美容液

毎日のお手入れが大事とは言っても、数日後に同窓会や大事な人に会う予定などが迫っていて、とりあえずこのシワ/たるみに何か!って思うとき、ありますよね。(私もありました!笑)そういうときに、大変頼りになる美容液がいくつかあります。

アットコスメなど美容サイトや雑誌などでも評判が良く、30代40代だけでなく50代60代の人にも人気のある美容液ばかり。美容家が『肌のピンチのときには、この美容液に戻る』という美容液もありますよ!  >> 詳しくは、こちらのページ!

◆評判のいい、しわ・ほうれい線対策の美容液・化粧品

しわ・ほうれい線(たるみ)は、とても簡単に言うと、皮膚の真皮にあるコラーゲンの減少や変性で肌にハリと弾力がなくなって出来たもの。そこで美容液や化粧品などでコラーゲンの減少を予防し生成を促すことが必要になります。

若い人から40代50代にまで、浸透力の高い 化粧品・美容液セットとして評判のいいのが、「ビーグレン(b.glen)」 。独自のバイオ技術による高い浸透性があり、保湿するだけでなく、 肌の保水力をアップさせます。しわが薄くなった、たるみが改善されたと口コミでも評判です。

しわ全般や、目元や目尻、首、 おでこ、眉間、口元のしわ、ほうれい線など、目的別にいろいろセットがありますが、どれも、トライアルセットなら、今だけ格安の1480円。 (365日返金保証なので、万が一肌に合わないときも安心!)
  >> しわ対策に、エイジングケア・セット

  >> ほうれい線対策に、ほうれい線ケア・トライアルセット

また、しわ・たるみ解消対策には、皮膚の代謝を高めターンオーバーを活性化してコラーゲンを増やすケアも必要。週に1~2回のピーリングもおすすめです。

コラーゲンを増やす効果が高いと言われている代表的な成分は、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノール。他にもカテキン、リコピン、レスベラトロール、グラブリジン(油溶性甘草エキス)、オウゴネキス、その他さまざまなポリフェノール類などの成分が入った化粧品・美容液がシワ・たるみに効くと言われます。


美容液には、敏感な目の周辺のアイケア専用で、目尻のしわや目の下のしわに効く美容液などもあります。一通りのケアのあと、部分的にさらにお手入れをしてもいいですね。

また、しわなど肌トラブルの改善には、食事や睡眠、生活リズムも大事です。 しわが気になったら、すぐに美容液など基礎化粧品での対策や、生活・食事を 注意するなどすれば、何もしないのとは1年後に大きな差がでてきます。 できれば、肌の初期老化が始まる20代後半から行ないたいアンチエイジングケア。

いつまでも美しさを保つために、今日から、しわ対策のアンチエイジングを始めましょう。

*美容液などの化粧品は口コミで評判が高いものでも、肌質により個人差があるので、全ての人のしわに効く美容液とは限りません。まずトライアルセットなどで、少しの期間お試しをして、肌質に合った美容液などの基礎化粧品を選びましょう。


「しわ・ほうれい線対策の美容液・化粧品や食事」最新記事

新しい記事です

ルイボスティーで、毛細血管を元気にして美しい肌に!

最近話題になっているゴースト血管。テレビの「世界一受けたい授業」や「若返りプロジェクト」などでも紹介していましたが、これは、死んでしまっている毛細血管のこと。 人の体の血管のうち90%近くが毛…

基本スキンケア6.肌荒れ、毛穴の目立つときのケア

◆肌荒れの時には保湿クリームとファンデーションだけを 荒れている肌に、しみるようなものをつけては肌をさらに傷めるだけです。水っぽくて浸透しやすい化粧水は、特にしみたりします。 そんな時は、水分…

基本スキンケア5.ホルモンの変化に合わせたスキンケア

毎日のスキンケアをするときに自分の肌状態をしっかり観察し、それにあわせてスキンケアも少しずつ変えましょう。これが、しわ、しみなど肌の老化を遅らせる重要なコツです。肌は、特に季節やホルモンの影響…

すぐに効く美容液がほしいときの、おすすめ!

目元や目尻、首、 おでこ、眉間、口元などのしわや、たるみが、ふととっても気になって、もうすぐ大事な予定があるから、急いで何とかしたい!何かいい美容液がほしい!っていう時、ありますよね。 そんな…

コラーゲン・レシピ「手羽先と白きくらげスープ」

コラーゲン・レシピ「手羽先と白きくらげスープ」

空気が乾燥する季節や冬、美肌のためにも食べたいのが、このスープ。とても簡単でおいしいので、NHKでこのレシピを知って以来よく作るスープになりました! コラーゲンたっぷりの手羽先(手羽元でもOK…

たるみ、ほうれい線の原因と対策

ほうれい線などの皮膚のたるみも、原因はしわと同じ。皮膚の真皮にある線維やコラーゲンが変性・減少して力がなくなってしまうと、表皮や肌全体が垂れ下がってしまいます。 頬の真皮や皮下組織が変性して弾…

基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分

基本スキンケア2.化粧水、美容液での保湿と保湿成分

洗顔後の肌は天然保湿因子が洗い流され、うるおいが少なくなっています。 10代の頃は、洗った後にケアをしなくても潤いのある瑞々しい肌がすぐよみがえり、しわ、しみなどの肌トラブルを生む心配はあまり…

年齢肌のシワ(大じわ)、深い表情じわの改善方法・対策

加齢による、年齢肌のシワ(大じわ)や深い表情じわは、皮膚の真皮組織の部分に深い溝ができてしまったもの。皮膚の弾力性のもとである、真皮にあるコラーゲン線維が細くなったり弱くなったりして壊されてい…

エステサロン体験/テルーチェ

アラフィーになり、そろそろエステサロンを、と思っていくつかトライしてみた体験記。今回は、「テルーチェ」というゴッドハンドに近いような人が主宰しているエステサロンです。 場所は、東京・青山の外苑…

エステサロン体験/ラ・プレリー

アラフィーになり、そろそろエステサロンを、と思っていくつかトライしてみた体験記。今回は、少しお手頃な値段のエステをと思い探してみて、スイスの化粧品メーカー「ラ・プレリー」が展開している「サロン…

エステサロン体験/ゲランの特別体験コース

アラフィーになり、そろそろエステサロンを、と思っていくつかトライしてみた体験記です。 今回は、かの有名な、帝国ホテル別館にある「エステティックサロン ゲラン・パリ」。「マイファーストゲラン」と…

美肌に大事な睡眠方法と、肌にいい眠り方

美肌に大事な睡眠方法と、肌にいい眠り方

しわ、シミ、たるみなど老化から少しでも肌を守りたいなら、肌ケアだけでは不十分。毎日の生活の中に、しわやシミをできにくくしたり、進行を遅らせたりするアンチエイジングのコツがあるのです。それは、睡…

「睡眠力」を若返らせるためには、メラトニンを増やそう!

シワやたるみに負けない美肌には、睡眠が大事。それは、眠りが深ければ、睡眠中に出る2つのアンチエイジングホルモン(成長ホルモンとメラトニン=体の細胞を修復する)の効果を最大限にできるからです。 …

小じわ・浅い表情じわ・ちりめんじわなどのシワ対策

小じわ、ちりめんじわ、浅い表情じわは、皮膚の浅い部分である「角質層」や「表皮」でとどまっているしわ。主な原因は、乾燥です。冬、あるいは風にあたった後などに急に目立ってきたりします。 しわが出来…

しわの種類は3つ / 仮性じわ、表情じわ、大じわ。あなたは、どのレベル?

しわは、皮膚表面の「皮溝」という細かい溝が目立ってきたもの。首や顔のいろいろな部分で起きます。これが進むと、皮膚の表面だけでなく、皮膚の奥まで編成します。 しわの種類は3つで、①仮性じわ(小じ…

20代・30代のしわ・たるみ・シミと、美容液やスキンケア

20代・30代のしわ・たるみ・シミと、美容液やスキンケア

20代の後半になると、肌の老化が目に見えて現れてきます。 人間の成長期は、18~20歳ぐらいで終わり、そこからは成長ではなく老化が始まっています。がんばって維持しているつもりでも、徐々に変化が…

基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方

基本スキンケア3.乳液、クリーム、美容液の使い方

◎必要な場所だけにつければいい乳液とクリーム 乳液、クリームは、水分と油分を含んだ化粧品。化粧水や美容液の後に使って、水分、油分を閉じ込める役割を果たします。 でも油分が足りているところに塗る…

基本スキンケア4.季節の変化に合わせたスキンケア

肌の状態は、いつも同じというわけではありません。毎日のスキンケアをするときに自分の肌状態をしっかり観察し、それにあわせてスキンケアも少しずつ変えましょう。これが、しわ、しみなど肌の老化を遅らせ…

紫外線対策:紫外線は2種類!

紫外線対策:紫外線は2種類!

UV-AとUV-Bについて 紫外線(Ultra violet rays)とは、地上まで到達する太陽光線の中で波長が400nm以下の光のことを指します。紫外線は、その波長によってUV-A, UV…

肌にいい日焼け止め(選び方、SPF、PA、ノンケミカル)と使い方

肌にいい日焼け止め(選び方、SPF、PA、ノンケミカル)と使い方

大気中に排出されたフロンガスによってオゾン層が破壊され、地上に到達する紫外線量がどんどん増加しているといわれています。しわやシミを始めとするお肌のさまざまなトラブルにとっては、この紫外線は大敵…

知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ

知っておきたい皮膚の構造や角質層、ターンオーバー、肌のキメ

適切なしわ対策をするには、まず皮膚のことを知っておきましょう。そうすれば、どんなしわにはどんな成分を含む化粧品がいいのかなどが、よく理解できるはずです。 皮膚は、約1.5ミリくらいの厚さしかあ…

美肌に大事なホルモンバランス

美肌に大事なホルモンバランス

女性の体は、生理や妊娠・出産があるため、とても複雑な仕組みになっています。そして、これらのことが起こるたびにホルモンの分泌が変化し、肌に大きな影響を与えます。肌の老化予防には、ホルモン・バラン…

顔にできるシミ3種類と、体にできるシミ3種類

顔にできるシミ3種類と、体にできるシミ3種類

肌のトラブルには、しわ・たるみだけでなく、シミもありますね。 皮膚には「メラノサイト」と言われるところがあり、メラニン色素を作っています。「しみ」とは、このメラノサイトの活動が何かの原因で活発…

肌にいい効果的な、摂りたい栄養素

肌にいい効果的な、摂りたい栄養素

積極的に摂りたいビタミンA(ベータカロチン) 食事の中にビタミンA(ベータカロチン)を含むメニューを、しわ・シミ対策として積極的に取り入れましょう。皮膚の角質をつくり、新陳代謝をうながすのがビ…

肌にいい食事と飲み物とは

肌にいい食事と飲み物とは

しわやシミ、たるみなどは、言わば肌の老化。少しでも遅らせたいなら体の中から元気に健康にする必要があります。そのためには、まず食事や飲み物に気をつけた美肌生活を送ることが大切です。 まず、バラン…

肌にいいサプリメントとは

サプリメントとは サプリメントとは、体に必要な栄養成分や、ある特定の働きをする成分を補う食品のことです。薬ではないので、錠剤やカプセルなど薬のようなものだけでなく、ゼリーやクッキーとぴったお菓…

美肌に大事なストレスなどの対策

ストレスの原因 ストレスの原因はいろいろあります。温度や湿度など体が受けるストレス、バランスの悪い食事や疲労、睡眠不足など体内に影響するストレス、人間関係などから受ける心理的ストレスなどです。…

シミ対策2.皮膚科・美容皮膚科でのレーザー治療など

肝斑(かんぱん)以外のシミで、美白化粧品などがあまり効き目がない場合は、皮膚科、美容皮膚科での治療がいいでしょう。 皮膚科では、市販の化粧品に配合されているよりも濃い美白成分を使うことが許され…

シミ対策1.美白化粧品、ピーリング、サプリメント

シミをとる・薄くする効果的な方法は、シミの種類によって違い、美白化粧品やピーリング剤が有効なものと、皮膚科でのレーザー治療でなければ、とれないものがあります。 老人性色素斑でかなり初期のもの、…

40代・50代のしわ・たるみ・シミと、美容液やスキンケア

40代になると、多くの人は、しわを始め、しみやたるみ、肌のくすみなどの老化がかなり現れているでしょう。加齢のせいだけでなく、ホルモンバランスの変化で肌質が変化したりします。そして、50代になる…

基本スキンケア1.正しい洗顔方法

お手入れしだいで、美しい肌を守り、肌の老化を遅らせることができます。それは何も特別なスキンケアではありません。大事なのは、毎日きちんと肌の汚れを落とし、肌を保湿し、肌を保護すること。肌年齢と今…